キャッシングとカード現金化では、前者のほうが利息負担が小さい?

カード現金化をする前に

クレジットカードの現金化は、クレカさえ持っていれば誰でもできるので、気軽に利用することができ、それがカード現金化のメリットでもあります。しかす、カード現金化をする前に、本当にそうする必要があるのかを考えてみたほうがよいでしょう。なぜなら、カード現金化をした場合、借金でいうところの「利息」や「手数料」に当たるものの負担が、キャッシング等をするよりも大きくなってしまうからです。

クレジットカードの現金化を行う業者のサイトなどを見ると、換金率80%とか、90%とか、そういった数字が並んでいますが、あれらはすべて誇大広告気味といってよいもので、実質的な換金率はもっと低いんですね。どの業者を利用するのでも、おそらく70%前後に落ち着くのではないかと思います。

たとえば100万円のショッピング枠を現金化するとしましょう。換金率が70%とすると、受け取れる金額は70万円。残りの30万円は手数料や消費税として持っていかれてしまうんですね。1回の現金化で、約30%ほどが雑費として引かれるうえに、カード会社への返済にはまた別に利息が掛けられますから、カード現金化は、得られるお金の額に対して、それ以外の負担が非常に大きいと言えるのです。

たとえばキャッシングをした場合はどうでしょうか。キャッシングとはお金を借りることですけれども、この利息は年18%とされていることがほとんどです。年18%ですから、たとえば100万円の借金があったとしたら、それが1年後には118万円になる計算です。実際は毎月少しずつ返済をしていくので、利息負担は18万円以下となるでしょう。1年で18万円というのと、1回で30万円+カード会社の利息を支払うのとでは、前者のほうが明らかにお得ですよね。

このことがあるので、カード現金化を行う際には、それが本当に必要なのかどうか、キャッシングで済ませられるのではないかなど、考える必要があるのです。

明確な理由があるときのみ利用する

ですから、カード現金化は、それでなくてはいけない明確な理由があるときにのみ利用するようにしましょう。たとえば借金をしたという記録が残るのがいやだとか、キャッシングを申請しても断られてしまうとか、そういうことですね。

考えてみれば、カード現金化を利用しなくてはいけない状況とは、かなり特殊であると言えるでしょう。そして多くの人々が、まだその段階にはないと言えるのではないかと思います。別の記事にも書きましたが、カード現金化はあくまでも最終手段と考えましょう。その他の方法を模索して、それでもダメだったときに、利用すれば良いのです。

キャッシングをする方法と、クレカを作るときの注意点は?

キャッシングをするには、いったいどうすればよいのでしょうか?いつお金が必要になるかわかりませんから、できれば、いざというときのために備えをしておきたいですよね。キャッシングをするには、クレジットカードを使う方法と、各金融機関、消費者金融が提供しているキャッシングサービスを利用する方法とがあります。前者は、クレジットカードの、クレジット機能に加え、キャッシング枠が設定されることがあり、それを使って、ATMなどから借り入れをするというものです。

消費者金融などが提供しているのは、キャッシング専用のカードを発行して、ATMからお金を引き出せるようにしたり、指定の口座に現金を振り込んだりするもので、即日融資を謳っているのは、基本的にはこちらになります。後者は審査の時間も短く、その日のうちに振り込んでもらえることもあるので、そうした融資をしている会社を知っておくと、いざというときには便利です。しかし手続き等が必要なことには変わりがありませんから、備えておく、という意味では、あらかじめクレジットカードを作っておくのがよいのではないかと思います(各金融会社については【キャッシング カードローン】をご覧ください)。

キャッシング専用のカードでも構いませんが、クレジットカードはそのまま買い物にも使えるわけですし、機能がひとつ多い分、クレジットカードのほうが優れていますよね。もっとも、借りられる金額はキャッシングカードよりも低くなってしまうことも多いのですが。いずれにせよ、作っておいて困るものではないでしょう。

それでは、クレジットカードを作るにはどうしたらよいのでしょうか。これはまず、各クレジット会社のWebサイトに飛んで、どのカードがいいか選ぶところから始めます。デザインから、ポイント機能から、返済方式まで、カードによって全然違ってきますので、各カード会社の説明をよく読んで、確認してくださいね。コマーシャルでは、何か、現金の代わりに使えるポイントを、数千円分プレゼントといったことが言われることがありますが、あれは、カード発行後に、そのカード会社の運営するWebサイトに登録し、そのうえで、新規発行キャンペーンに参加申請をしなければならないなど、意外とやることが多かったりします。

そういった決まりごとや条件もありますので、今作ればお得、といった謳い文句を見ても、それがどういった人にどういった条件で付与されるものであるのかをよく確認したうえで、カードの発行をしてください。そして、作るカードが決まったら、必要事項を入力し、申し込みをして、審査の結果が出るのを待ちます。それに通りましたら、晴れてクレジットカードが発行されるというわけです。

ざっくりとですが、クレジットカードを作るまでの流れと、その注意点について見てきました。カードを作るときには色々と面倒なこともありますが、備えておくのは大切なことですから、暇なときにでもいいので、申請をしておきましょう。