脱毛サロンへ行く前に確認!決まりごと、注意点とその理由について

脱毛サロン等で処理をしてもらうときには、いくつか注意しなければならないことがあります。色々と決まりごとがあって、それを守らなければ施術を断られることもありますので、注意が必要です。

まずひとつに、脱毛サロンで脱毛を受ける直前、また処理をしてもらった直後には、日焼けをしてはいけないというのがあります。つまり、海に行く前日などに脱毛処理をしてもらうようなことは避けなければならない、ということです。また、日焼けサロン等に行ったあとに、脱毛サロンへ行くようなこともしてはいけません。

それはなぜかといいますと、脱毛サロンで行われるフラッシュ式の脱毛は、黒味の成分である「メラニン」に反応するものであるからです。毛の黒さは、このメラニンによって形成されているものなんですね。

サロンの脱毛機器は、メラニンに反応して毛に処理を施しますが、日焼けのときに肌が黒くなるのも、メラニンの働きによるものですから、日焼けをしたあとに脱毛処理を受けると、肌にダメージが与えられてしまう危険性があるのです(詳しくはhttp://www.puckhuffers.com/をご参照ください)。

だからこそ、日焼けをした状態で脱毛サロンに行ってはいけないんですね。その直前にはしっかりUVケアをして、日焼けをしてしまうような場所には出向かない、というのが必要事項となります。

施術後に日焼けをしてはいけないのは、その脱毛処理によって、肌に負担がかかったあとだからです。弱っているところに紫外線を浴びますと、肌トラブルの原因となりますので、やってはいけません。

これらは意外と知られていないことで、海へ出かけるのにあわせてサロンに予約をするような人も多いようですが、それでは遅すぎるのです。せめて一、二週間くらいは間を空けられるように予定を組んでくださいね。

そしてもうひとつ、脱毛サロンで処理してもらうには、事前に自分で毛の処理をしなければなりません。脱毛してもらうのに自分で剃るの、とびっくりした方もいらっしゃるかもしれませんね。ですがこれは、日焼けと同じく、場合によっては施術を断られるほど重大なことなんですよ。

なぜかといいますと、毛が生い茂った状態では、フラッシュ脱毛機器の光線がうまく毛穴に届かないから。それではほとんど効果が期待できないので、しても意味がないということで、今日はお帰りくださいとなってしまうわけです。

サロンに行く前に、必ず、処理を受ける箇所の毛を自分で剃るようにしてください。

このとき、「抜く」のではなく「剃る」でなければいけないのも、注意すべき事柄として挙げられます。フラッシュ式の脱毛は、毛の黒味、メラニンに熱を伝導し、その熱によって毛母細胞を焼くといった方法であります。毛を抜いてしまうと、その毛穴に、熱を伝えるべきものが見つからないので、脱毛効果が格段に弱くなってしまうのです。

色々と決まりごとがあって面倒ではありますが、綺麗なお肌を手に入れるには仕方のないことです。

しかし、たとえば背中や、お尻の周りなど、自分で綺麗に処理するのが難しい場所もありますよね。そういったところに関しては、サロンにもよりますが、その店に行ってから、従業員に処理を手伝ってもらえることもありますので、その辺りのことを事前に確認しておくのも大切です。

今では、脱毛サロンのほとんどが、カウンセリングは無料としておりますので、そのときに訊いてみるか、もしくはそのサロンのWebサイトを閲覧し、そこに処理のことが書かれているか見てみるとよいでしょう。
以上の注意点を知っておけば、スムーズに、脱毛処理を受けることができます。頭にとどめておいてくださいね。